美容外科cosmetic surgery

二重手術

美容外科
二重手術

ひらつかクリニックの美容外科手術について

形成外科専門医による、安心と信頼を常に心がけた治療です。
防衛医科大学校 形成外科専門医 東 隆一が担当いたします。
カウンセリングからアフターケアにいたるまで医師がしっかりとサポートし、あなたのご希望の容姿を実現していきます。

二重手術について

 まぶたは、顔のなかで外観上、人相上最も重要な部位です。人の印象は目で決まるといってもよい程、目もとの印象は大切です。 二重まぶたといっても元々の状態により、治療方法もプチ整形といわれる手軽な方法から、切開したり、脂肪を取り除いたりする方法までさまざまです。 また、それらの方法を組み合わせて行う場合があります。 患者様ご本人の希望される方法をとらせていただきますが、 形成外科専門医としてどの方法が理想的であるかご提案させていただきます。

埋没法

 埋没法はメスを使用しないため痛みや術後の腫れが少なく、短時間で済み、術後の制限も少ないことからお手軽な二重術として人気があります。二重にしたいけれども手術に抵抗がある方や、会社や学校でダウンタイムがとれない方におすすめです。 施術は、まぶたの皮膚の裏側とまぶたの奥(腱板)を細い糸で固定します。縫い留めてあるだけなので、万が一仕上がりが気に入らない場合は、元に戻すこともできるので安心です。

小切開法

 まぶたを1cmだけ切開し、埋没法と同様にまぶたの裏側と腱板を縫合します。 傷口は二重のラインそのものとして馴染んでしまいますので、近くで見ても違和感なく自然な仕上がりになります。また、二重の幅や曲線を丁寧にデザインできます。 眼の上の余分な脂肪を取り除きますので、重たいまぶたをスッキリさせることができます。 埋没法で、糸が取れてしまった方や、全切開法だと腫れがおさまるまでのダウンタイムが長過ぎるという方におすすめです。

全切開法

 二重の予定線を切開し、埋没法と同様にまぶたの裏側と腱板を縫合します。 ご希望の二重ラインに沿って切開し、余分な皮膚や脂肪を処理し、まぶたを薄くして二重にする手術です。理想的な二重まぶたを手に入れることはもちろんのこと、腫れぼったい目の原因となる目の上の脂肪も取り払うことができます。 また、まぶたが土台部分から二重になるため、一度の手術で二重まぶたを一生持続することができます。はっきりとした二重のラインを希望される方や非常にまぶたが腫れぼったい方におすすめです。

目頭切開

 目頭切開とは目頭をほんの数ミリ切開して、蒙古襞と呼ばれる襞をとることによって、目の横幅が広がり、目をすっきり大きくしたり、離れた目を改善する手術です。 また、目尻を切開することで、目を大きくさせる目尻切開という方法もあります。 目を大きくしたい方、目と目の間が離れている方、平行型の二重にしたい方におすすめです。

眼瞼下垂

 眼瞼下垂とはまぶたの皮膚が弛んだり、まぶたをつり上げる筋肉(眼瞼挙筋)が外れてしまったりすることでおこります。 生まれつき発症する先天性と、徐々に症状が現れる後天性とがあり、後天性眼瞼下垂の主な原因は、加齢や生活習慣による筋肉の衰えなどが挙げられます。 最近では、パソコンの長期使用やハードコンタクトを着用することで、若いうちから眼瞼下垂になる人も増えていると言われています。 治療は、まぶたの余分な皮膚を切除し、眼瞼挙筋とまぶたを接合する手術を行います。 手術後2~3週間は腫れぼったく見えますが、最終的にはキズ跡はほとんどわからなくなります。 まぶたが重く、目が開けづらい人、上下の視界が狭い人におすすめです。

まぶたのしわとり術

 老化によって現れる、まぶたのたるみとしわを解消する方法です。 まぶたにたるみやしわ、くぼみがあると疲れて見えたり、老けて見えたりします。 たるんだ筋肉を緊張させ、脂肪を少しだけ取りのぞくことにより、引きしまったまぶたにすることができます。また、クマやくぼみが気になる方は脂肪を注入することによりふくらみを出すことができます。手術後1~2週間を過ぎれば、キズ跡はほとんど見えなくなります。
料金一覧はこちら

診療時間 日·祝
             
9:00~12:00
15:00~19:00

[休診日] 水曜日の午後、土曜日の午後、日曜祝日

お電話でのお問い合わせ03-5994-5068
PAGE TOPPAGE TOP