皮膚科dermatology

皮膚腫瘍

皮膚科
皮膚腫瘍

皮膚腫瘍について

 皮膚や皮下には、色々な腫瘍ができます。皮膚腫瘍には良性から悪性まで多くのものがあ ります。ほとんどの場合は良性腫瘍ですが、大きくなる前に摘出手術を行えば、その分傷跡も小さくなりますので早めに診察していただくことが重要です。当院でも、開院以来、約2000例の手術を行っております。切除した腫瘍は、病理組織学的検査を行い最終的な正しい診断(確定診断)、良性・悪性の判定、完全切除がなされているかを確認します。 手術時間は、15分程です。

代表的な皮膚腫瘍

粉瘤(ふんりゅう)

 粉瘤は、最も頻度の高い良性腫瘍で、若い方から高齢の方までどんな年齢でもでき、体のどこに でもできます。皮下に皮膚成分を含んだ袋があり、中には垢や膿が溜まったものです。この袋に バイ菌が感染すると腫れあがり、膿を出す処置が必要になります。このときは、感染がおさまっ てから摘出を行います。

脂肪腫

皮膚の下に脂肪の細胞が大きくなりかたまりをつくったものです。化膿したり悪臭を放つことはありません。

石灰化上皮腫

子供に発生しやすい良性腫瘍です。眉毛周囲や上腕によく見かけます。
料金一覧はこちら

診療時間 日·祝
             
9:00~12:00
15:00~19:00

[休診日] 水曜日の午後、土曜日の午後、日曜祝日

お電話でのお問い合わせ03-5994-5068
PAGE TOPPAGE TOP